暖房は1台のエアコンで十分

 

この記事では、暖房は1台のエアコンで十分ということをご説明します。

そのエアコンというのは全館空調のような大きな設備ではなく、家電量販店で購入できるような、壁付もしくは天井付の普通の家庭用エアコンのことです。

最近では床下エアコンなどをチョイスするメーカーが増えておりますが、私はいくつかのデメリットを感じております。

床下エアコンにする場合は、基礎断熱を施し床下空間を温める必要があります。ということは住宅内部の体積が増えることになり、人が生活しない無駄な空間のためにエネルギーを消費することを意味します。

また基礎のスラブ(下面)に断熱を施したとしてもせいぜい50mm〜100mm程度で、かつコンクリートそのものが熱容量の大きい素材なので、エアコンのエネルギーは地面に逃げる分とコンクリートに奪われる分で、約30%ほど捨てることになるとも言われています。

つまり、エアコン1台で100%の力を発揮できるのに30%以上買った電気を捨てることになります。

 

もうひとつは長野市の場合、当然ながらシロアリの被害発生地域となります。

基礎を温めるということは冬のシロアリの絶好のターゲットになります。

そして基礎断熱は外気を床下に入れないようにし、コンクリートを断熱材で被覆しますが、コンクリートからは数年間水蒸気が発生し続けます。

逃げ場のない水蒸気は断熱材との間に結露として現れ、シロアリにとってはさらに好条件が作られます。

一番厄介なのは被覆断熱材のせいでコンクリートとの間で起きている問題を目視で確認ができない為、被害を未然に防ぐことも難しくなります。

 

これらの理由から、

▫︎温めなければいけない空間は極力小さく(無駄に増やさない)

▫︎エネルギーを無駄遣いしない

 

そしてシロアリの脅威から家を守るため、
普通にお部屋に設置するルームエアコンがベストだと考えています。

air conditioner

ではなぜ、床下エアコンが選ばれ続けるのか?という疑問が浮かびますよね。

 

私はエアコン1台で十分家は温まるとお話しました。

設計上の計算をすれば、例として当社のような高性能住宅でQ値(換気の熱損失入れた断熱性能)1w/㎡kの100㎡の住宅(1階LDK2階寝室のような)があったとします。

外気温が-3度まで冷え込んだ真冬、室温を20度をキープしようとすると最大暖房能力は1,835wを必要とします。

三菱の低グレードエアコン6畳用ですら最大暖房能力が1,980wありますので、十分に温めることができることが証明できます。

 

※世の中の何畳用エアコンという表記はすべていい加減なのであてにしないで ください!!

家の性能が違うのに面積で能力を決めるのはナンセンスです。

しかしながらこれはQ値1w/㎡k(G2グレードなみ)ぐらいの性能を誇るお家でしか通用しません。

普通の住宅は常に外気の影響を強く受け続けているため、外が寒ければ壁を伝って家の中も寒くなります。

その状況で戸を締め切った部屋と解放された部屋ではどうしてもそこに温度差が発生します。

それを解消するのが床下エアコンだと私は考えています。

 

暖かい家を作るのは簡単です。
お金をかけて暖房の力に頼れば誰でも作ることができます。

上記のようなデメリットを抱えたとしてもそれぞれの部屋の温度が均一になるようエアコンの風を送る簡易的な全館空調で安易な計画だともいえます。

良いところだけ見ると大変魅力的に感じますが、実際には様々なデメリットがありおすすめできるものではありません。

とはいえ、BlackPepperの住宅でも少なからず外気の影響は受け続けています。

しかしそれらは換気の計画を入念に行うことでほとんどが解消できます。

フロアプラン floor plan

高気密高断熱の住宅にとって24時間換気は必須です。

建築基準法では2時間に1回部屋の空気が新しい空気に入れ替わるよう設計をします。

これを利用し、暖かくない部屋で排気をすることで暖かい部屋から効率的に空気をひっぱってくることができます。

さらには排気の空気は熱を持っているのでそのまま捨ててしまってはお金をかけて温めた熱を捨てることになります。

そうならないために、その熱は全熱交換機という機械に通して回収し部屋に戻します。

そして忘れてはいけないのが、冬場のことばかりではなく夏場の冷房のことも考えなくてはいけません。

最大暖房負荷に比べて最大冷房負荷の方が大きくなるので、実際にはエアコンは夏場のことを考えて最低でも2台は設置しています。

どうしても外気がマイナスになるような冷え込み時に温度コントロールが難しい場合にはそのもう一台を少し稼働させて補っています。

このようにリスクを抱えなくても住宅の断熱性さえ高ければ、快適な住空間は住まい手のライフスタイルに合わせて作ることができます。